文字サイズ

羽生結弦公開練習 競技人生の終盤?「ありますね。それはあります」【一問一答5】

 今年2月の平昌五輪でフィギュアスケート男子66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が日本時間31日、練習拠点のカナダ、トロントで練習を公開し、今季のプログラムを発表した。フリーは「Origin」、SPは「秋によせて」。幼少期からの憧れの存在だった06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、元全米王者のジョニー・ウィアー(米国)の代表曲で、自らの「原点」を表現する。また、フリーではまだ成功例のないクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に、今季中に挑戦する意向を明かした。

 羽生との一問一答5は次のとおり。

 -昨季までは勝負にこだわってやってたけど、今取り組んでいて新しい発見はある?

 「まあでもその勝負、結果にこだわってきたのは、それがある意味、夢だったからっていうのがあって、今はまた違った夢を追いかけている状態なので、またなんかある意味そんなに気持ちは変わってないというのが本音です」

 (続けて)

 「ただ、その結果に向かって楽しむか、自分の夢である4回転アクセルに向かって楽しんでるかの違いかな。どっちにしろ期限までに跳ばないといけないというプレッシャーは感じてますし、あの頃はこの試合で勝たないといけないという緊張感、プレッシャーを感じながら毎日練習していたので、そのプレッシャーの大きさがちょっと変わったかなぐらいですね」

 -「期限」とか、「あとは若い世代が」という言葉があるが、自身が競技者として終盤に差し掛かってるという感覚がある?

 「ありますね。それはあります。ただ、いつ辞めるとかそういう風なことは全然考えてない。まあ取りあえず今はアクセル跳びたいという気持ちが非常に強く、取りあえずアクセルまではなんとかしたいなってとは思ってます」

 -アクセルを跳んでしまったら?

 「それはもう跳んでみないと分からないかな。とにかくまずは練習でしっかり降りること。自分の中での降りたという前提がやっぱりGOEで加点をもらえるぐらいのものではないといけないですし、最終的に色んな方々が見て、“いやこれ回転不足だろ”って後ろ指指されるようなジャンプでは絶対いけないと思うので、自分が目指す最高のアクセルを目指して、練習したいなと思います」

 ※一連の取材が終了。再び報道陣の前に姿を見せ。

 「今日はありがとうございました。(立ち上がろうとする報道陣を制し)あっ、立たなくて大丈夫です。みなさんお仕事なので。またよろしくお願いします」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス