文字サイズ

宮川紗江は体操協会に疑問「私とコーチを引き離そうと…」

記者会見に臨む体操女子の宮川紗江=東京・弁護士会館(撮影・開出牧)
2枚

 日本体操協会が指導中に暴力行為があったとして速見佑斗コーチに無期限の登録抹消などを科したことについて、世界選手権(10~11月・ドーハ)女子代表候補の宮川紗江選手(18)が29日、都内で、処分への疑問があるとして会見を開いた。

 黒のスーツ姿で弁護士と会見場に姿を見せた宮川は冒頭のあいさつの中で、「今の状況で日本代表の責任を持って戦うのは精神的、肉体的にも不可能と判断した」とし、世界選手権(10~11月、カタール・ドーハ)などの出場を辞退すると表明。その上で、体操協会側に自身とコーチを引き離そうとしている意図があるのではないかと指摘した。

 行為として速見コーチから「たたかれた」ことや「髪の毛を引っ張られた」ことはあると認めた上で、「馬乗りになって殴打したという部分は一度もありません。髪の毛をもって引きずりまわされたことも一度もありません」と強調した。

 その上で、速見コーチに科された「無期限の登録抹消」という処分が重すぎると訴えた。また、「私とコーチを引き離そうとしているのではないかと考えていて」との意図を感じていると延べ、協会側の設定した強化プログラムに従わなかったことでナショナルトレーニングセンターの利用制限を受けるなどの不利益な扱いを受けたと主張した。

 日本体操協会は15日に、速見コーチが選手を指導する際に暴力行為があったとして、倫理規定第3条(7)に示す違反行為と判断し、登録抹消、NTCでの活動禁止(出入り禁止)の懲戒処分を下したと発表していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス