文字サイズ

入江陵介 男子100m背泳ぎで銀「久しぶりにいいタイムで泳げました」

男子100m背泳ぎ決勝を終えて健闘をたたえ合う入江陵介=東京辰巳国際水泳場(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「競泳・パンパシフィック選手権」(10日、東京辰巳国際水泳場)

 男子100メートル背泳ぎ決勝が行われ、入江陵介(28)が52秒78で銀メダルを獲得した。優勝はライアン・マーフィー(米国)で51秒94の大会新記録だった。

 マーフィーが抜け出す展開の中、他の選手との上位争いで奮闘した。場内インタビューでは「久しぶりにいいタイムで泳げましたけども、ライアン選手、素晴らしい選手で、素晴らしいタイムをここで出してくれて刺激になったので、次の種目へ僕も頑張りたいと思います」とさわやかに語った。

 200メートル背泳ぎ、400メートルメドレーリレーの出場も予定しており、「国別対抗としてチームジャパンとしてしっかり戦い抜きたいと思います」と、代表チーム最年長としての責任感もにじませていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス