文字サイズ

高橋大輔、現役復帰 1年限定の3本一発勝負「次に進むためにもう一度と思った」

 笑顔でVサインする高橋大輔
1枚拡大

 フィギュアスケート男子の10年バンクーバー五輪銅メダリストで、14年10月に現役を引退した高橋大輔(32)が1日、都内で会見し、18~19年シーズンから現役復帰することを表明した。引退後はプロスケーターなどとして活動していたが、すでに本格的な練習を再開。全日本選手権(12月、大阪)出場を目指す方針を明らかにした。

 日本が誇る“氷上の貴公子”が勝負の銀盤へと帰ってくる。高橋は「不安は100%あるけど、すごく楽しみな気持ち。一からのチャレンジャー。誰かのためではなく、自分だけのためにやりたい」と決意を語った。

 米国留学やプロスケーター、テレビの仕事を中心に活動したが、昨年の全日本選手権を機に気持ちに変化が生じた。「これまでは世界で戦うためにやっていた。でも(現役選手が)全日本で結果を残すためにやっていく姿に感動して、そういう戦い方もありなんだと思った」。

 競技人生の区切りと決めて臨んだ14年ソチ五輪は6位。同年3月の世界選手権は右膝の故障で欠場した。10月に引退を表明。「最後に『引退』という形で競技を見せられなかったことを後悔している」と語っていたが、心の奥底にあったわだかまりは、気付けば燃え上がっていた。

 「次に進むためにももう一度と思った」。年末には、現役時代に師事した長光歌子コーチに復帰の意思を報告。関大を拠点に4月から本格的に練習を再開しており、約5キロも体を絞ったという。

 現役生活は「一年限定のつもり」。22年北京五輪挑戦の意思も現在はない。近畿選手権(10月、尼崎)、西日本選手権(11月、名古屋)を勝ち抜いて全日本選手権(12月、大阪)出場を目指す方針。国際大会出場も頭になく「3本1発勝負」と力強く語った。

 メディアの仕事も辞め、8月にアイスショーに出演予定。「12月には成長できるという姿を見せられるスケーターになっていたい」。4年の歳月を経て気付いたスケートへの愛と、再びともった闘志の火。32歳の新たな挑戦が幕を開ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス