文字サイズ

2時間を越えるドタバタ会見…報道陣と司会者も舌戦ヒートアップ

 日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)が悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた問題で、日大は23日、内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が東京都内で緊急記者会見を開いた。

 2時間を超えるドタバタ会見だった。日大広報部はこの日「対応も会見も行わない」としていたにも関わらず、開始1時間前の午後7時になっていきなり報道各社に会見の告知ファクスが届いた。

 雨の中、急きょ300人近い報道陣が駆けつけたが、核心である「相手を負傷させる意図」については不透明。納得しない報道陣からは質問が殺到したが、1時間半を超えたところで、司会の広報部職員の米倉久邦氏が「もう終わります」と会見を打ち切ろうとした。報道陣からは「誰も納得してない。日大ブランドがあなたのせいで落ちますよ」と言われると、「落ちません」。「皆さん見ていますよ」と言われても「見ていても見てなくてもいい」と高圧的に言い放ち、火に油を注いだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス