文字サイズ

悪質タックル問題 井上コーチがトレンドワード急上昇 高校時代の監督

 大学アメリカンフットボールで、関学大との定期戦で悪質な反則タックルを仕掛けた日大の当該選手・宮川泰介(20)が22日、都内の日本記者クラブで会見を開き、謝罪と経緯を説明した。会見の中で登場した井上コーチがツイッターなどのトレンドワードに急上昇した。

 井上コーチは同部の井上奨コーチのこと。今回の悪質タックルを指示したと説明された一人である。宮川選手に「つぶすから試合に出させてくださいと(監督に)言ってこい」と指示したとされる。また、試合前にも「できなかったら済まされないぞ」とも言ったという。

 井上コーチは日大豊山の監督でもあり、会見で宮川選手は「井上コーチに関しては高校2年生のときから監督をしてもらっていたので、信頼していたのかもしれない」と話した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス