文字サイズ

日大選手、コーチから「相手が怪我したら得」と指示「追い詰められた」

 大学アメリカンフットボールで、関学大との定期戦で悪質な反則タックルを仕掛けた日大の当該選手・宮川泰介(20)が22日、都内の日本記者クラブで会見を開き、関学大との試合で相手クオーターバックに悪質タックルをしかけた経緯について生々しく説明した。

 宮川選手は黒いスーツ姿で登壇。問題の発端となった関学大との定期戦でのタックルに至るまでの経緯を説明した。

 当時、試合に出してもらえなかった宮川選手は、井上奨コーチから内田前監督が「相手のクオーターバックを1プレー目で潰せば出してやると言われた」と宮川選手に明かしており、「関学との定期戦が無くなってもいいだろう、相手が怪我をして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう。これは本当にやらないといけないぞ」と言われ、髪型を丸刈りにするよう指示されたという。

 また同じポジションの先輩からも井上コーチから指示が来たことも聞かされ「相手を潰すぐらいの強い気持ち、というのではなく、本当にやらないといけないと思い追い詰められた」とも述懐。悩んだものの、今後の大学でのアメフット生活を考えタックルを決意。試合会場に向かったという。

 だが試合会場のメンバー表に宮川選手の名前はなく、井上コーチが「今、監督の所に行ってこい」と言ったことから、内田前監督の所に向かった。そして「相手のクオーターバックを潰すので使って下さい」と言ったことを明かした。

 これに内田前監督は「やらないと意味ないよ」と言ったといい、そのことを井上コーチに伝え、更に「リードしないでクオーターバックに突っ込みますよ」と確認、井上コーチは「思いきり行ってこい」と言ったことも明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス