文字サイズ

町田樹氏 あまりにも町田樹な新プロ披露「スケートの魔力に取り付かれた男が…」

公演を終え、取材に応える右から小塚崇彦、村上佳菜子、町田樹、織田信成=新横浜スケートセンター
1枚拡大

 フィギュアスケートのアイスショー「プリンスアイスワールド2018」の横浜公演が28日、新横浜スケートセンターで開幕し、初回公演が報道公開された。

 14年ソチ五輪代表で“氷上の哲学者”と呼ばれた町田樹氏(28)は、相変わらず独特の世界観を表現した新作「ボレロ」を披露した。

 ノースリーブのバレエダンサー風の衣装で登場した町田氏は、鳥のさえずりなども取り入れた静かな始まりから、美しい舞いを披露していくと、徐々に力強さを増していく音楽に合わせて、切れ味鋭いジャンプやステップ、振り付けで観衆を引き込んでいった。約8分の熱演を終え、倒れ込むよなフィニッシュの後はなかなか立ち上がれないほど疲労していたが、その後は満足そうにスタンディングオベーションを浴びた。

 公演後の会見では「スケートの魅力、魔力に取り付かれた一人の男の話です。かつて人工の氷がなかった頃、人々は凍った湖や川で滑っていたんです。日が出る前にスケート靴を持って、そこに行って滑っていた。スヌーピーでもそういうシーンが出てくるんです。そういう時があったんですよね。日が出てくると、氷が溶けてしまう。けれでもスケートの魔力に取り付かれた男は踊り続けてしまう。日が出てきて、氷が溶けてきて、そのまま氷を踏み抜いて、池の底に沈んでいってしまう。そういう死亡事故は歴史上いくつも起こっている。でも、命を落とすリスクがあったとしても、やっぱり人々はスケートを止められなかった。そういったスケート史をもう一度現代に蘇らせたいと思って作った。ご堪能ください」と、プログラムに込めたあまりにも“町田樹ワールド”な世界観を明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス