文字サイズ

吉田知&清水の仲良しコンビは3連勝 吉田知「いつもより仲いい感じで」

チーム柏木との接戦を制し笑顔で握手をする吉田知那美(左)と清水徹郎=青森市・みちぎんドリームスタジアム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(15日、みちぎんドリームスタジアム)

 1次リーグ2日目に入り、平昌五輪で日本初の銅メダルを獲得したLS北見のサード吉田知那美(26)と、同五輪男子代表SC軽井沢のサード清水徹郎(30)のペアは、チーム広島を13-2で下し、無傷の3連勝を決めた。午前の試合では5年前の優勝チームでもあるチーム柏木(柏木由美子、柏木宏昭)を撃破。急造ペアながら、好連係を見せている。

 昔から家同士の付き合いもあり、ポジションも同じサード同士。清水が「もともと仲がいいし、楽しくできている」と話せば、吉田知も「今のところケンカせず仲良くやれてる。普段より仲いい感じで頑張ってます。意思疎通がうまく機能してるし、崩れないようにしたい」と、絆の強さを強調した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス