文字サイズ

貴ノ岩が2連勝 取材は拒否「必死なことだけ頭に入れてやっています」

 志摩ノ海(左)を押し出しで破る貴ノ岩
1枚拡大

 「大相撲春場所・2日目」(12日、エディオンアリーナ大阪)

 元横綱日馬富士に暴行を受け頭部を負傷し、3場所ぶり復帰の西十両12枚目、貴ノ岩は志摩ノ海を押し出して連勝した。突き合いから押し込むと、最後は豪快な右の一押しで決めた。

 会心の内容にも笑みはなし。支度部屋では報道陣に背を向け、硬い表情で取材を拒否。帰り際「必死です。必死なことだけ頭に入れてやっています。一生懸命頑張ります」と短い言葉で応じた。

 初日は裏口から会場入りし注意を受けたが、この日は正面入り口から堂々と入り声援を浴びた。朝稽古後は師匠の貴乃花親方から「久しぶりの本場所の土俵で感覚をつかんでいってもらえたら。最後までできたらいい」とエールを送られた。

 3日目は元日馬富士の弟弟子、照強(伊勢ケ浜)が相手。困難な再起ロードを一歩ずつ上がる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス