文字サイズ

パナソニック 今季初黒星でVならず 最後で甘さ…悔しさ糧に次こそ王座奪回

 優勝を逃し肩を落とす山田(右)らパナソニックフィフティーン
1枚拡大

 「ラグビー・トップリーグ決勝トーナメント・決勝、サントリー12-8パナソニック」(13日、秩父宮ラグビー場)

 日本選手権を兼ねて行われ、決勝はサントリーがパナソニックを12-8で破り、2季連続2冠を達成した。日本選手権で8度目、TLで5度目の制覇を果たしたサントリーは前半4分にCTB中村亮のトライで先制。33分にもWTB江見がトライを追加して12-5で折り返し、後半は相手の得点をPG1本だけに抑えて逃げ切った。3位決定戦はヤマハ発動機がトヨタ自動車を28-10で下した。

 「サントリーが強かったですね」。トップリーグのトライ王に輝いたパナソニックのエースWTB山田は敗戦を受け入れ、潔く勝者をたたえた。

 司令塔のSOバーンズが開始10分で負傷退場し、防御の要のフランカー・ポーコックも頭を打った影響から後半開始時に交代。オーストラリア代表キャップを持つ攻守の二枚看板を失った時点で、プランは大きく崩れた。

 「影響は、そりゃああるでしょうね。僕らもベストを出したつもりだけど、今日のサントリーは全然ミスしなくてボールを取り返せなかった」と山田。試合終了間際、ラインアウトのボールを落球したプレーは、今季無敗のチームらしからぬ詰めの甘さを象徴するシーンだった。

 布巻主将は「去年ここでサントリーに負けて、そこから強くなってここまで来たけど、また負けてしまった。これもまた強くなるためのきっかけです」。この悔しさを糧に、次こそ王座奪回を果たしてみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス