文字サイズ

桃田賢斗、レジェンド・林丹撃破で4強入り「絶対超えなきゃいけない壁」

北京、ロンドン五輪の王者に快勝し、大勢の報道陣に囲まれる桃田賢斗
1枚拡大

 「バドミントン・ジャパン・オープン」(14日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 男子シングルス準々決勝が行われ、世界選手権金メダルの桃田賢斗(24)=NTT東日本=は、北京、ロンドン五輪2大会連続金メダルの林丹(リン・ダン、34)=中国=に2-0でストレート勝ちし、準決勝進出を決めた。

 今大会一番の注目カードに日本のファンが熱視線を送る中、桃田が現役チャンピオンの実力を見せつけた。第1ゲームは絶妙にコントロールしたドロップショットなどで得点を重ね、21-8と圧倒。第2ゲームも柔らかなショットと強打を使い分けながら21-10と完勝。3年ぶり2度目の対戦で初勝利を挙げた。

 林丹は同じ左利きで、桃田にとっては「バドミントンを始めたときからリスペクトの気持ちがある」と幼少期から憧れていた存在だった。プレー映像を何度も見てお手本にしてきたヒーローとの対戦となったが、「自分がトップに立つには絶対に超えなきゃいけない壁。憧れの気持ちを捨てて貪欲に勝ちにいく」と闘志を燃やしていた。

 唯一対戦した15年3月の全英オープンは0-2で敗れている。しかし、謹慎も経て今夏は世界王者にまで登りつめただけに、「3年前の自分より全てのスキルで今の方が強い。実績は相手の方が上だが、コート上で劣っていると思ったら勝てない。今は自分の方が強いという気持ちを持って戦いたい」と話していた。

 今年に入ってから、五輪3大会連続銀メダルのリー・チョンウェイ(マレーシア)、リオ五輪王者のチェン龍(中国)に続き、これまで勝ったことのなかったレジェンド3人全員から初勝利を奪った。名実共にバドミントン男子シングルスのトップを背負う存在になった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス