文字サイズ

セクハラ行為の式守伊之助、3場所出場停止 辞表も受理 八角理事長「責任重い」

理事会に向かう式守伊之助=両国国技館(撮影・堀内翔)
理事会に向かう式守伊之助=両国国技館(撮影・堀内翔)
日馬富士の暴行、式守伊之助のセクハラ問題について頭を下げる(左から)鏡山理事、八角理事長、尾車理事=両国国技館(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 日本相撲協会は13日、国技館で臨時理事会を開き、昨年12月の冬巡業中に10代の若手行司にセクハラ行為をした立行司、式守伊之助(58)=本名野内五雄、宮城野=の処分を協議し、3場所出場停止とする懲戒処分ののち、12日に提出された辞職願いを受理することを決まった。

 伊之助は前日に宮城野親方(元前頭竹葉山)とともに辞職願いを協会に届けに来たが、協会が預かった。初、春、夏場所を自宅謹慎させ出場停止、無給とする重罰を受けた後まで受理をしないことになった。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「58歳、立行司を考えても責任が重い。反省する時間を与えたい。この時間、反省するように伝えた」と糾弾した。

 弁明機会を与えるため理事会に呼ばれた伊之助は「協会に対し、ファンに対し申し訳なく思っています。一番に10代の行司に申し訳なく思っている」と謝罪した、という。

 宮城野親方、冬巡業中の責任者で現巡業部長の春日野親方(元関脇栃乃和歌)にも厳重注意が与えられた。

 立行司は現在、木村庄之助が空位で伊之助が出場停止となり不在となる異常事態。14日からの初場所は立行司を置かず、三役格の行司が代理を務め、結びの一番を裁く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス