文字サイズ

貴親方、被害届取り下げず 伊勢ケ浜親方&日馬の謝罪“拒否”

 場所入りし報道陣に囲まれる貴乃花親方
1枚拡大

 幕内優勝9回を誇る大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が14日、幕内貴ノ岩(27)=貴乃花=への暴行を認めて謝罪した。10月下旬の秋巡業中、鳥取での宴席で酒に酔い、ビール瓶で頭を殴打した。貴ノ岩は前日、「右中頭蓋(がい)底骨折、髄液漏の疑いなど全治2週間」の診断書を提出。すでに鳥取県警に被害届も提出している。日本相撲協会は危機管理委員会を招集し、真相解明に臨む。

 貴乃花親方は午前中に日本相撲協会の事情聴取を受けた。鳥取県警に被害届を出していたことなど経緯を報告。現時点で被害届を取り下げる意向はないとし、「危機管理委員会にお任せし、指示に従う。いち早く究明したい」と述べたという。

 一方で貴乃花親方は巡業部長という立場上、自らの監督責任についても言及。同席した春日野親方は「(巡業を)預かっている限りは部長としての責任があるわけで、『私も至らないところがあった』と言っていましたよ。『私個人の責任でもある』」と語った。

 田川市内の部屋から事情聴取に向かう際には、謝罪に訪れた伊勢ケ浜親方、日馬富士とすれ違いになる一幕もあった。敷地内を歩く両者に気づいたものの、車中から手を上げただけで車を降りることはなかった。

 事情聴取後は厳しい表情を崩さず、報道陣に対応することはなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス