文字サイズ

羽生結弦、大技4回転ルッツを着氷 以後はミスも 合計290・77点

 男子フリーで4回転ルッツを跳ぶ羽生結弦(共同)
3枚

 「フィギュアスケート・ロシア杯」(21日、モスクワ)

 男子フリーが行われ、SPで2位の羽生結弦(22)=ANA=は初挑戦した冒頭の大技4回転ルッツで着氷した。以後、予定していたジャンプをこなせない場面もあった。得点は195・92点、SPと合計で290・77点だった。

 演技前に両手を合わせるポーズを見せた羽生。緊張感を漂わせながら最初のジャンプでルッツを跳び、低くかがむような姿勢になりながらも着氷させた。

 しかし、以後は予定していたジャンプをこなせないシーンが続いた。続く4回転ループは3回転に。4回転トーループからのコンビネーションも抜けてしまった。しかし、単独の4回転トーループに3回転トーループをつけコンビネーションにするなど、リカバリーも見せた。

 演技終了後は顔をしかめ、悔しさをにじませた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス