文字サイズ

羽生、改めて4回転アクセルに意欲 点数設定のない5回転も「科学的には跳べるらしい」

表彰式の後に、日の丸を掲げる羽生結弦(右)と宇野昌磨=ヘルシンキ(共同)
優勝した羽生結弦のフリーの演技=ヘルシンキ(共同)
フィギュアスケートの世界選手権男子フリーの演技後、ガッツポーズする羽生結弦。2度目の優勝を果たした=1日、ヘルシンキ(共同)
3枚3枚

 「フィギュアスケート・世界選手権」(1日、ヘルシンキ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の羽生結弦(22)=ANA=がフリーの世界歴代最高得点を更新する223・20点、合計321・59点で、3季ぶり2度目の王座奪還を果たした。SP2位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリー初の200点超えとなる214・45点、合計でも初の300点超えで、羽生が持つ歴代最高記録(330・43点)に次ぐ世界歴代2位の319・31点をマークし、2位となった。

 多くの選手が4回転ジャンプを複数種類跳ぶ“真4回転時代”の到来で、空前のハイレベルな争いとなった今大会。試合後のプレスカンファレンスで、羽生はかねてから口にしている夢の大技への意欲も示した。「自分は4回転アクセルはやりたいと思ってます。試合で入れるか入れないかは分からないですけど」。4回転の中で、唯一まだ誰も成功させていない大技。そして羽生は、さらにその先の異次元ジャンプにも言及した。

 「なんか科学的なことでいえば、人間は5回転まで跳べるらしいですよ」と、ニヤリと笑った。5回転はまだ基礎点も設定されていないジャンプ。いつかそんな漫画のような大技が誕生するのか、そしてそれを完成させるのは羽生なのか。そんな期待すら抱かせる時代に突入した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス