文字サイズ

フィギュア 羽生結弦一問一答 ジャンプミスで2位発進も前向き「全部ちょっとした綻び」

 男子SPの演技を終え、悔しそうな表情を見せる羽生結弦=モスクワ(共同)
 男子SPで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
 男子SPで演技する羽生結弦=モスクワ(共同)
3枚3枚

 「フィギュアスケート・ロシア杯」(20日、モスクワ)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、GP初戦に臨んだ世界王者の羽生結弦(22)=ANA=は、94・85点で2位発進となった。首位は100・54点をマークしたネーサン・チェン(18)=米国=。羽生は冒頭で今季初戦の9月オータムクラシックでは右ひざの違和感で回避した4回転ループに挑んだが、軽度の回転不足を取られ着氷も乱れた。最後の4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプでまさかの転倒。出来栄え点(GOE)で大きく減点された。いきなり世界最高得点を更新した今季初戦とは一転して、ややほろ苦いSPとなった。

 羽生の一問一答は次のとおり。

 -演技を終えて

 「悪いところが見て分かる形で出たかなと思う。ただ、ジャンプをタイミングを外すことなく跳べたのは良かった。全部ちょっとした綻びでのミス。手応えは悪くない」

 -手応えはつかんだ?

 「自分の中の手応えとしては、そんなに悪くない失敗。悔しい思いがありつつ、修正点見つかりつつ、明日につながるいいステップになった」

 -連続ジャンプの転倒は?

 「(4回転)トーループのあとちょっと迷った。トーループ自体は悪くないけど、手を上げるには遅かった」

 -フリーに向けて

 「点差もそんなにない。自分のできることをやっていきたい」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス