文字サイズ

羽生、快挙支えた前世界王者フェルナンデスへの対抗心 「自分のベストは110だよ」

ドヤ顔で演技を終える羽生結弦
3枚

 「フィギュアスケート・オータムクラシック」(22日、カナダ・モントリオール)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦に臨んだ平昌五輪で66年ぶりとなる連覇を狙うソチ五輪金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=は、完ぺきな演技でいきなり世界最高得点を更新する112・72点をマークし、首位発進した。前世界王者で盟友のハビエル・フェルナンデス(スペイン)は101・20点で、2位だった。

 2季ぶりとなるSP、ショパン作曲の「バラード第1番」。冒頭の4回転サルコー、後半のトリプルアクセルはジャッジから満点の出来栄え評価を受けた。最後の4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプは、後半の3回転で両手を上げる形で成功。軽度の違和感を抱えている右膝に負担の掛かる4回転ループは回避した中で世界最高得点をたたき出した。

 その原動力の1つは、前の組の最終滑走だったフェルナンデスへの燃える対抗心だった。「ハビエルが101点取っている段階で、『自分のベストは110だよ』って思いながらやっていた」と羽生。この日は「静かなところから段々と、沸々と沸き上がってくるようなものを目指してやっていた」といい、羽生の体内からわき出る感情を全て詰め込んだ形だ。

 足を気にするそぶりなど全く見せることなく、これまで試合では決めたことのない、後半の4回転を見事にクリアし、平昌五輪シーズン最高の滑り出しを見せた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス