文字サイズ

ソチ五輪団体金メダリスト リプニツカヤが電撃引退 拒食症が原因か

 リプニツカヤ
 フィギュア団体女子フリーで可憐なスピンを披露するユリア・リプニツカヤ=ソチ(共同)
2枚2枚

 フィギュアスケート女子のソチ五輪団体金メダリストのユリア・リプニツカヤ(19)=ロシア=が現役を引退することが28日、分かった。タス通信などロシアメディアが報じた。

 現地メディアは、リプツカヤの母の話として、拒食症の治療を行っていたヨーロッパから戻った後、現役引退を決断したと報じた。

 リプニツカヤは体の柔らかさを生かしたキャンドルスピンなどを武器に、シニアデビューとなった12-13年シーズンから一気に頭角を現し、13年GPファイナル、14年世界選手権では浅田真央に次ぐ銀メダルを獲得。ソチ五輪では団体戦で金メダル獲得に貢献した。15歳249日での金メダル獲得は同競技史上最年少の記録だった。昨季は怪我に苦しみ、16年11月のロシア杯を最後に競技から遠ざかっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス