文字サイズ

東京五輪までちょうど3年…吉田沙保里“ヤワラちゃんへの挑戦”意欲も

夫婦役としてイベントに出演した大森南朋(左)と吉田沙保里
3枚

 女子レスリングで五輪4大会連続メダルの吉田沙保里(34)=至学館大職=が24日、開幕までちょうどあと3年となった2020年東京五輪に向けて「できるなら5回五輪に出てみたい。ヤワラちゃん(柔道の谷亮子)の記録(5大会連続メダル)に挑戦してみたいっていう気持ちはあります」と意欲をのぞかせた。

 この日は都内で行われた明治ヨーグルトの新CM発表イベントで、夫婦役を演じた俳優の大森南朋(45)とともに出演。人生初という純白のウエディングドレスに身を包んだ吉田が「夢だったのでうれしい。こんなすてきな旦那さんでありがとうございます」とのろけると、大森からは「アスリートとは思えない。いつでも映画の主演ができる」と演技力に太鼓判を押された。

 レスリング界のレジェンドはたしかに“役者”が違った。イベント終了間際、東京五輪について聞かれると、虚構の花嫁はレスリング選手としての真剣なまなざしにパッと切り替わり、「リオ五輪が終わってからもう1年。あっという間に(次の五輪が)来る。3年前で意識する部分も大きい」と答えた。

 現在は女子日本代表のコーチを兼任し、芸能活動も行いながら練習を続けている。進退については「まだ」と言葉を濁しつつも、「テレビで『2020』って流れてくるとオッと目がいく。その気持ちがあるうちは選手かな」と心境を明かした。

 ただ、若手の台頭も著しく、現役を続けるにせよ34歳の吉田にはいばらの道が待っている。「あと3年あれば誰が出てくるか分からない」と戦況を分析し、アテネ五輪代表を争ったライバルの山本聖子ですら五輪に出場できなかったことを踏まえ、「山本一家が誰も出ていないなんて信じられない」と述懐。「(各階級)2人出られたらいいのにね…。でもそんなに甘くはない」と気を引き締めていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス