文字サイズ

羽生結弦、五輪連覇へ「バラード第1番」で挑む SP曲披露 世界最高得点も記録

「ファンタジー・オン・アイス 2017」に出演した羽生結弦
2枚

 フィギュアスケート男子の世界王者・羽生結弦(22)=ANA=が26日、千葉市内で開催されたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」に出演し、連覇の懸かる平昌五輪に挑むショートプログラム(SP)「バラード第1番」を初披露した。

 ソチ五輪後の14-15、15-16シーズンにも使用したショパン作曲のピアノ曲で、世界歴代1位の110・95点をたたき出したSPナンバーでもある。

 これまでと同様、白に水色のグラデーションの衣装に黒のパンツ姿で登場。同じように首を回しながら演技をスタートすると、冒頭に2回転ループ、後半にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプを着氷した。最後もこれまでのプログラム同様、両手を返して横に広げるポーズでフィニッシュ。場内は大きな拍手に包まれた。

 フィナーレ後にマイクを手にすると、「久しぶりにアイスショーに出られて、ホントに幸せです」と羽生。「初日で、みんな緊張していて、納得できる演技は全然できていないけど、今日という日は1日しかないので。一生懸命、楽しんでと思って滑りました」と笑顔で話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス