文字サイズ

あ~向かい風で10秒04 桐生祥秀、苦笑い「おはらい行こうかな」

男子100M決勝で優勝し、花束をくれた女子スタッフにお礼のサインをする桐生祥秀
2枚

 「陸上・織田記念国際」(29日・エディオンスタジアム広島)

 男子100メートル決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの桐生祥秀(21)=東洋大=は、向かい風0・3メートルの条件の中、10秒04の好タイムをマークし、優勝した。これは向かい風条件での日本最速タイム。

 またアゲンストだった。23日の出雲陸上も向かい風0・5メートルの中で10秒08。好条件であれば、9秒台が出ていた可能性が高いだけに、桐生は「おはらいに行こうかな」と、苦笑いだった。

 ただ、これで今季は初戦から3戦連続で10秒0台をマーク。条件さえ整えば、いつ9秒台が出てもおかしくない。「9秒台を出して、初めて世界と勝負するスタートラインに立てる。早く立ちたい」と、もどかしそうに話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス