文字サイズ

本田真凜JKデビュー 目標はデキる女!?

 大勢の職員に出迎えられ笑顔の本田真凜(右)
1枚拡大

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で日本ジュニア勢初の200点超えで2位になった本田真凜(15)=大阪・関大高=が10日、京都府庁で京都府スポーツ賞未来くん賞、京都府スポーツ特別奨励賞の表彰式に出席した。先週末に入学式を終えたばかりで「『高校生です』と言うのが憧れだった」と気分はルンルン。新しい制服姿で“JKの誓い”を立てた。

 「英語に興味がある。将来役に立つと思うので頑張りたい」。これまでも海外選手と英語やジェスチャー、翻訳機能を駆使してコミュニケーションを取っており「なんとなく言っていることは分かる」と胸を張るが、「お店で英語で注文している人がかっこいい!」。羨望(せんぼう)のまなざしを送った。

 5月から本格始動し、米国とカナダでも振り付けや練習を行う予定。「振り付けとなると、細かいところまで英語で分かった方がいい」。3年間の高校生活で“できる女”を目指し、競技力向上にもつなげるつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス