文字サイズ

フィギュア 樋口新葉が世界選手権へ エース宮原欠場で五輪3枠危機も「重圧はそんなに感じてない」

 フィギュアスケートの18年平昌五輪国別出場枠の懸かる世界選手権(29日開幕・ヘルシンキ)に出場する樋口新葉(16)=日本橋女学館高=が26日、出発前の成田空港で取材に応じた。

 昨年のGPファイナル2位などの実績を持つ宮原知子(19)=関大=が、左股関節の疲労骨折で欠場。四大陸選手権優勝の三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=、補欠から繰り上がっての出場となる本郷理華(20)=邦和スポーツランド=とともに五輪枠獲得に挑む。

 エース宮原を欠き、06年トリノ五輪以来3大会連続で死守してきた最大3枠獲得へ厳しい状況に立たされたが、「重圧はそんなに感じてない。3枠は難しいと思うけど、できる限りの結果を出せばついてくると思う」と、前を向いた。

 2月の四大陸選手権では思うような演技ができずに9位に終わったが「SPもフリーもダメダメだったので、1からやり直してきた。調子は上がってきていると思う」と、立て直しに手応えを滲ませた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス