文字サイズ

木村沙織「これからは1番に家族」子供は2~3人

 バレーボール女子日本代表をけん引してきた木村沙織(30)=東レ=が22日、滋賀県大津市内で会見し「今月末をもって、現役引退することをご報告させて頂きます。本当にたくさんの方々に支えてもらって、いまは感謝の気持ちでいっぱいです」と引退を表明した。

 「そのときそのときを精いっぱい悔いなく戦ってきたので。いつ終わっても、今日終わってもいいと思えるくらい、常に本気でできていた」とすがすがしい表情で振り返った木村。

 今後については「長い間ずっとバレーボールをしてきたので、少しゆっくりしながら、家族の時間を作りながら、主婦をしながら、私らしく第二の人生を楽しみたい。のんびりとというか、ほんわかと、温かい幸せな家庭を築けたらいいなと思います」と話し、指導者としての道は否定。「いままで何があってもバレーボールが(優先順位の)1番上で。それが当たり前だった」というが、「その順番を、これからは1番に家族で」と主婦業に専念するとした。

 また「子供が好きなので、2人か3人ほしい。犬を3匹飼っているので、3人いたら犬に一人ずつ面倒みてもらえるなあ。にぎやかになったらいいと思います」とにっこり。“サオリンスマイル”全開で思いを語った。

 木村は昨年10月10日、自身のブログで16-17シーズン限りでの引退を表明。東レとしてのシーズン最終戦となったNEC戦(3月5日)後に心境は語らず、この日、あらためて思いを語った形だ。

 東京・下北沢成徳高在学中の2004年にアテネ五輪に初出場した木村は、日本のバレー選手として最多4度の五輪に出場。ロンドン五輪銅メダル獲得に貢献し、リオ五輪では主将としてチームを率いた。昨年12月31日に同い年の一般男性との結婚を発表していた。

 木村は25日のオールスター戦(深谷市総合体育館)の出場がファン投票で決まっている。「ファンの方に楽しんでもらえたらいいし、自分自身も楽しみたい。感謝の思いを伝えられたら」という思いを胸に、最後のコートに立つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス