文字サイズ

絶対王者・小平 究極目標は“打倒男”!?「未知の世界にいけるように」

 W杯総合優勝を決め、凱旋帰国した小平奈緒
1枚拡大

 絶対女王の究極目標は“打倒男”!?スピードスケートで今季500メートル15戦15勝と、無敵の強さを見せた小平奈緒(30)=相沢病院=が14日、ノルウェーでのW杯最終戦を終え、成田空港に帰国した。

 これ以上ない結果でシーズンを終え、大会後には「未知の世界に行けるように頑張りたい」と発言。その真意を問われ「言葉にすると、ゴールを決めてしまうことになるので」と明言は避けたが、指導する結城匡啓コーチ(51)は「男子に勝ちたいというモチベーションが出てきたんじゃないか」と本人の思いを推測した。

 最近になり、小平はよく「男子はどうして速いのか」という疑問を口にするという。W杯などでは男子の優勝選手と女子の優勝選手のタイム差は、通常2秒後半から3秒。それを小平は13日のレースで2秒21まで縮めた。

 「こんな記録出せるの!っていうところまで行きたい」。18年平昌五輪の金メダル大本命となった30歳の中には、常識を覆す野望も生まれつつあるのかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス