文字サイズ

今井メロ 五輪選手村の生活明かす

五輪の選手村の様子を語った今井メロ
1枚拡大

 2006年トリノ五輪のスノーボードハーフパイプ日本代表で、現在はタレント活動を行っている今井メロ(28)が、3日深夜放送のテレビ東京系「ヨソで言わんとい亭」に出演し、オリンピック選手村のコンドーム配布事情を語った。

 選手村はいろいろと驚くことが多かった。なかでも驚いたのがコンドームの配布。「選手村で、コンドームが普通に配られているんですよ。“コンドーム君”みたいなマスコットもいて『避妊しましょうね』と呼びかけていました」と振り返った。

 今井もコンドームを受け取った。だが当時は18歳。「本来の使用方法ではなく「雪を入れて遊んだ。溶けたら水風船になるんです」と笑顔。五輪後はストレスからホスト遊び豪遊や風俗勤務などが次々明らかになったが、当時はあくまで“健全”だったことをアピールした。

 選手村には最大2週間滞在。「選手は選手村から出られないんで…やることがないんでしょうね」と夜の五輪村事情をあっけらかんと語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス