文字サイズ

悪性リンパ腫で闘病中の元小結 時天空が引退 間垣親方に

 日本相撲協会は26日、悪性リンパ腫で闘病中の元小結時天空(36)=本名時天空慶晃、モンゴル出身、時津風=が引退し、年寄「間垣」を襲名して親方になったと発表した。25日の理事会で承認した。29日に師匠の時津風親方(元幕内時津海)が同席して引退会見を開く。

 昨秋に病気が判明し、昨年の九州場所から全休を続けて、今年の名古屋場所では西三段目26枚目まで番付が落ちた。闘病中で抗がん剤治療を受けていることを1月に時津風親方が公表していた。師匠は「(詳細は)会見で本人に直接聞いていただきたい」と述べるにとどめた。

 時天空は東農大から02年名古屋場所で初土俵を踏んだ。右四つや足技を得意とし、幕内在位は63場所で、小結を3場所務めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス