文字サイズ

明大・越智達矢外野手はまだまだ伸びる好素材

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、明大・越智達矢外野手(4年・丹原)がまだまだ伸びる好素材だと指摘した。ラストシーズンとなった今季は打率・184と低迷。チームも4位に終わり、有終の美を飾れなかった。

 不振に苦しんだ越智だったが、同氏は「バッティングには柔らかさ、左右に打ち分けるバットコントロールのよさ、それからスピードもありますし、まだまだ楽しみな要素を持っている」と高い評価を与えた。

 同氏が「非常に身体能力の高い選手」と舌を巻く姿は、明大OBで今季途中からロッテに移籍した岡大海をほうふつとさせる。卒業後は社会人野球でプレーする予定。新たなステージでの活躍にも大きな期待が懸かる。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス