文字サイズ

東大・小林大雅投手、OBの宮台に続く頼もしいエース左腕

 元阪神スカウトの菊地敏幸氏は、東大・小林大雅(ひろまさ)投手(3年・横浜翠嵐)の春からの成長を認めた。第3週を終えて、ここまで全4試合に登板。春かなわなかった1勝へ向け、投手陣の柱としてチームを引っ張っている。

 開幕戦では敗れはしたが、2連覇中の王者・慶大を相手に堂々と立ち向かった。同氏は小林の投球に対し、「立ち上がりの非常にキレのあるボール、制球力もしっかりしていました」と評価。勝つために五回まで最少失点で抑える能力は十分にあると分析している。

 「自信を持ってマウンドに立って、打者に向かっていってほしい」と同氏からの期待も大きい。第2週の立大1回戦では先発し、7回1失点と好投。後続が打たれて悲願の初勝利を逃したものの、OBの宮台康平(日本ハム)に継ぐ頼もしいエース左腕になりつつある。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。

六大学野球最新ニュース

もっとみる

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス