文字サイズ

広島・床田が走塁時に転倒するアクシデント 目に土が入ったか 状態確認後に続投

 5回、床田は中村健の左前打で三塁を狙うも転倒し泥まみれになる(撮影・山口登)
 5回、床田は中村健の左前打で三塁を狙うも転倒し泥まみれになる(撮影・山口登)
 泥まみれになる床田(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神-広島」(10日、甲子園球場)

 広島・床田寛樹投手が五回の走塁でバランスを崩して転倒するアクシデントがあった。

 2死無走者から左前打で出塁。続く中村健の左前打で二塁ベースを回った際にバランスを崩して、前のめりに転倒。すぐに立ち上がって二塁ベースに戻ったが、顔面を打ち付けた際に土が目に入ったようで、トレーナーがタオルを持って駆け付けた。

 この回の攻撃終了後も、ベンチ裏に下がって状態を確認。投球に支障はなく、無事マウンドに戻った。

 床田は直後の五回裏を三者凡退に抑えた。五回を終えて、阪神打線を1安打4奪三振1四球で無失点。今季4勝目に向けて、快投を続けている。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス