文字サイズ

広島・佐々岡監督「歯がゆい」今季本拠地でヤクルトに1勝8敗1分け

 6回、サンタナ(左)に3ランを浴びるコルニエル(撮影・高部洋祐)
 4回、ヤクルト打線につかまり汗をぬぐう高橋昂(手前)=撮影・高部洋祐
 7回、ベンチから戦況を見守る佐々岡監督(撮影・高部洋祐)
3枚

 「広島5-9ヤクルト」(2日、マツダスタジアム)

 広島は終盤に粘りを見せたが、ヤクルトに及ばず2連敗。今カードの負け越しが決まった。

 先発・高橋昂は5回1/3を投げて7安打6失点。三回まで無安打投球だったが、四回2死満塁から中村に先制の2点中前適時打。六回は無死一塁から山田に左翼スタンドへの2ランを浴び、その後一、二塁となったところで佐々岡監督が交代を告げた。

 2番手・コルニエルもサンタナに初球を捉えられ右中間スタンドに3ラン。六回に一挙5点を追加され、完全に主導権を握られた。

 打線はヤクルト先発・高梨の前に苦戦。七回まで1点に封じられていたが、八回に西川の11号3ラン、菊池涼の適時打で4点を奪って3点差に詰め寄ったが、反撃もここまでだった。

 試合後の佐々岡監督の一問一答は次の通り。

 -高橋昂は良いイニングと悪いイニングがはっきりしていた。

 「立ち上がりから真っすぐが良かったので、期待していたんですけどね。四回も不運な当たりからで、もうひと踏ん張りというところだった。三振、三振と、とってね。(2死から)せっかく追い込んだ中でもったいないなって。あの2点は不運だったけど、六回がね。避けないといけない長打。今年のヤクルトの強さでもある。山田にしろ、村上にしろ、下位でも長打がある外国人選手がいるのが怖さだと思う。そこをなんとか防いでもらいたかった」

 -八回は追い上げた。

 「みんな諦めないという気持ちを持っていると思うし、走者をためての本塁打が大きいというところで、龍馬が打ってくれた。つないでいったけれど、あと1本が出なかったというところですね」

 -今年ヤクルトに勝てない。本拠地では1勝8敗1分けになった。

 「ヤクルトと相性が悪い中で、打ち負けるというか、投手陣を打ち崩せないところもある。ヤクルトでなくても、地元で勝たないとというのはみんな持っている。これだけの声援の下、そういう気持ちを持って勝てないのは歯がゆい。こういう試合をして、申し訳ない。明日は森下ですし、頑張ります」

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス