文字サイズ

広島わずか5安打 4戦連続1得点 松葉対策・正随プロ初3番起用実らず

1回、空振り三振に倒れて悔しがる正随
9回、左飛に倒れてベンチへ引き揚げる鈴木誠。左は打席に向かう坂倉 
2枚

 「中日10-1広島」(14日、バンテリンドーム)

 11安打で10得点した中日とは対照的だった。広島はわずか5安打。四回、会沢の中前適時打で奪った1点のみに終わった。佐々岡監督は「点が取れていない、つながっていないというところ。この4試合は…」と言葉を絞り出した。

 苦手とする松葉対策として、正随をプロ初となる3番で起用した。好調を買って9日に1軍昇格させ、ウエスタンでの対戦経験も考慮して送り出した。だが、四回無死二塁で中飛に倒れるなど4打数無安打。気持ちが空回りし精彩を欠いた。

 鈴木誠、坂倉の4、5番も無安打。ツーシームとカットボールの横の変化に加え、チェンジアップを低めに集められた。「低いところに手を出したらなかなか難しい」と朝山打撃コーチ。今季、左腕との対戦成績は1勝3敗になった。

 得点力不足に陥っている。10日の阪神戦から4試合連続で1得点。この日の正随起用など対策を練っているものの、結果には結び付いていない現状がもどかしい。

 4連敗で借金は再び15に膨らみ、5位・DeNAとのゲーム差は「2」に広がった。AクラスとBクラスがくっきりと分かれた今季の終盤戦。1つでも上の順位を目指すためにも15日の中日戦は負けられない。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス