文字サイズ

広島・佐々岡監督 森下の2軍調整は「僕の頭の中にその選択はないんだけど」

 選手交代を告げてベンチへ戻る佐々岡監督(撮影・立川洋一郎)
 3回、福留に適時打を打たれ、追加点を許す森下。手前は生還する二走・京田(撮影・立川洋一郎)
 6回、堂上の適時二塁打で3点を追加され、ベンチへ引き揚げる森下(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「中日10-1広島」(14日、バンテリンドーム)

 広島は投打で精彩を欠いた。

 先発の森下は六回2死満塁で堂上に右中間へ運ばれる3点二塁打を浴びるなど、6回8安打6失点。暴投は自己ワーストの1試合3つを記録した。後半戦は5戦未勝利。3連敗も自己ワーストで、7月14日・中日戦以来の7勝目が遠い。

 攻撃は4試合連続で1得点。3番に抜てきした正随は4打数無安打だった。

 試合後の佐々岡監督の一問一答は下記の通り。

 -森下は、初回の先頭打者から慎重だった。

 「勝っていない投手はそうなってしまうんでしょうけど。大胆さが無くなっているし、自信がゆらいでいるから慎重に…と、なるのかなと思います」

 -2軍での再調整は。

 「僕の頭の中にその選択はないんだけど、ま、明日、話をして」

 -打線は3番に正随を抜てきした。

 「(相手先発が)左というところで。打撃が良くて上がっていたわけだし、使ってみたかった。本人にとっても、こういうチャンスをモノにできるかというところだと思うし」

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス