文字サイズ

カープ玉村、高校入試の日に「プロ野球選手になります」 越前ガニの町に誕生した新ヒーロー

 「DeNA4-7広島」(18日、東京ドーム)

 うれしい初勝利を挙げたプロ2年目の広島・玉村昇悟投手(20)は丹生高校入学前から決意を固めていたという。入試で偶然、面接官だった春木監督に「甲子園に行ってプロ野球選手になります」と宣言。堂々と話す姿に、同監督は感銘を受けた。

 練習に取り組む姿はストイックそのもの。ダブルヘッダーの1試合目に投げ終えると、2試合目が始まるまでの休憩時間に、相手チームの投手2、3人を引き連れてランニングをしていた。

 「涼しい顔をして、優越感に浸ることもありました(笑)。でも、とにかく練習ばっかりしていましたね」。目指す高い目標があった。だからこそ弱音を吐かなかった。その一歩一歩が、夢の実現に続いていた。

 越前ガニの町として知られる越前町は、人口2万余りだ。「田舎の高校からプロ野球選手になった。やれるんだということを見せてくれた。小さい子供たちの希望です」。小さな町に誕生した新たなヒーローは、これからどんな夢を見せてくれるだろうか。(広島担当・赤尾慶太)

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス