文字サイズ

広島・森下 先発濃厚の12日・ヤクルト戦では一発警戒「1球目の入りを大事に」

 広島・永川コーチ(左)と談笑する広島・森下暢仁(撮影・立川洋一郎)
 登板へ向けてキャッチボールで調整する広島・森下暢仁(撮影・立川洋一郎)
 ダッシュを繰り返して汗を流す広島・森下暢仁(撮影・立川洋一郎)
3枚

 12日のヤクルト戦(神宮)で先発が濃厚な広島の森下暢仁投手(23)が10日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加した。ブルペンに入り、制球面や腕の振りを確認した。前回登板から中8日と間隔は空くが、「全然気にならないです。試合当日にしっかり自分のパフォーマンスができるようにということだけ考えてます」と話した。

 ヤクルト戦は今季3登板目。通算では6試合に登板し、4勝1敗、防御率1・05と好相性を誇るも「ホームランでの失点が圧倒的に多い。1球目の入りを大事にしていきたい」と一発を警戒した。

 5月3日の巨人戦ではプロ初の3被弾を浴びた右腕。ツバメ打線はリーグトップの10本塁打で並ぶ山田、村上に加え、長打力があるオスナ、サンタナの助っ人が加入。打線に厚みが増しており、失投は命取りとなる。

 チームは5位に低迷。「苦しい状況ですけど、何かのきっかけで変わることは絶対ある。ここでズルズルいくのが一番悪いと思う。しっかりと止めるところで止められたら」と好投を見せ、流れを変えることを誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス