文字サイズ

広島・森下に侍・稲葉監督が熱視線 「ジャパンに必要」制球力を絶賛

 侍ジャパン・稲葉監督が期待を寄せる森下
 ネット裏の席に座り試合開始を待つ侍ジャパン・稲葉監督(中央)
 侍ジャパン・稲葉監督が期待を寄せる森下
3枚

 「阪神(降雨中止)広島」(13日、甲子園球場)

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(48)が13日、広島・森下暢仁投手(23)への大きな期待を口にした。右腕の視察を目的とした阪神戦は雨天中止となったものの「ジャパンに必要」と高評価。今季はここまで2試合連続無失点で、今後も好調を続ければ代表に選出される可能性も十分だ。夢は膨らむが、まずはプロ初のスライド登板となる14日の阪神戦に全力を注ぐ。

 熱視線を注ぐ若武者を思い、胸を弾ませた。稲葉監督は開口一番「今日は、カープの森下投手が投げるので見に来ました」と視察の意図を説明。建山投手コーチと共に甲子園の記者席前ブースに足を運んだが、午後5時20分に中止が発表。公式戦で腕を振る森下の“生チェック”こそお預けとなったが、寄せる期待は変わらない。

 森下は1年目だった昨年、チームトップの10勝をマーク。防御率1・91はセ・リーグ2位で、規定投球回にも到達して新人王に輝いた。今季もここまで2戦2勝。開幕から15回連続無失点と、抜群の投球を披露している。

 その姿に稲葉監督は「トップチームの経験はないが、ああいう整った選手はジャパンに必要だなと楽しみにしていた」と熱い言葉とともに高評価し「今後もしっかり見ていこうと思う」と代表候補の一人に挙げた。

 代表の投手陣では、選出が確実視されていたソフトバンク・千賀が左足首の靱帯(じんたい)を損傷し、競技復帰まで2~3カ月の見込み。思わぬ事態に見舞われた中、同じ右腕で試合を作る能力にたけた森下の存在は、代表チームの重要なピースになり得る。

 魅力を感じるのは制球力。「いろんな球種を持っているけど全て扱える。一つ悪くても違う球で勝負できる。先発としてゲームを作れる。自分から崩れるところがないので、私の中で評価しているところ」と絶賛。事実、昨年登板した18試合のうち、5回を投げ切れなかったのは一度だけ。7回以上を投げたのは12試合と総合力を考えても貴重な戦力だ。

 その森下は14日の阪神戦(甲子園)にプロ入り初めてスライド登板する。「次に気持ちを切り替えて頑張ります」とスイッチを入れ替え、今季3度目のマウンドに向かう。

 明大時代は大学日本代表として戦った経験のある右腕。代表候補に挙がっていることを「光栄です」と受け止め「あまり意識せず、まずはシーズンに集中して頑張っていきたい」と意気込んだ。2年目ながら全てが高水準の背番号18。広島の枠を超えて、球界を代表する投手への階段を駆け上がっていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス