文字サイズ

広島・松山 諦めないん打ァ~!意地の4戦連続打点で完封負け阻止「5番として」

 「DeNA3-1広島」(4日、横浜スタジアム)

 最後まで諦めない姿勢をバットで示した。初回から続いていたスコアボードの「0」を、松山が「1」に書き換えた。八回の打席で勝負強い打撃。4試合連続打点となる中前適時打を放った。

 「つないでくれたので、何とかしてかえしたいと思っていた。大振りせずにいこうと思って打席に入りました」

 菊池涼の中前打をきっかけにつくった1死一、二塁。山崎の初球ツーシームをコンパクトに振り抜いた。完封負けとなれば、今季初めてだった。意地の一打だった。

 「長打を欲しがり過ぎていた。とにかく走者をかえす打撃を心掛けている」。中日との開幕3連戦は無安打ながら、1日の阪神戦で今季初安打初打点を放って以降、調子は上昇カーブを描く。

 鈴木誠へのマークは厳しい。5番を担うだけに走者を置いた状態で打席に立つ場面は必然的に増える。打点を稼ぐことをチームから求められている。役割を果たすために全力を尽くす。

 佐々岡監督は攻撃陣について「諦めない姿勢が八、九回に表れていた」と話した。6日からは神宮でヤクルトと対戦する。開幕から3カードを終え5勝3敗1分けで貯金は「2」だ。「続けていきたい」と松山。勝負強さを発揮して白星を手繰り寄せる。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス