文字サイズ

広島・森下が新球スライダーを試投 ブルペンでキャンプ最多106球

 「広島春季キャンプ」(6日、沖縄)

 広島の森下暢仁投手(23)がブルペンに入り、石原を相手に今キャンプ最多となる106球を投じた。

 球の握りやフォームを入念に確認しながら、カットボール、カーブ、チェンジアップを織り交ぜた。また、新球種であるスライダーを解禁した。佐々岡監督が見守る中、テンポよく投げ込み、スライダーを試投した。

 昨季は10勝3敗、防御率は1・91をマークし、新人王を獲得した右腕。投球の幅を広げ、さらなる飛躍を目指していく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス