文字サイズ

ゴールデングラブ賞 広島からは“守備率10割”菊池涼介と鈴木誠也が選出

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が18日、発表され、広島からは菊池涼介内野手(30)と鈴木誠也外野手(26)が選出された。

 菊池涼は「8回目ですけど、毎回毎回めちゃくちゃうれしい。また、戻ってこられたというホッとした気分とまた、来年しっかりやらないといけないとという責任感も生まれています」とコメントした。

 二塁手の8度目の受賞はセ・リーグでは最多となり、辻発彦(西武)と並んだ。また、8年連続は辻発彦(西武)が持つ7年連続の記録を更新し、セ・パ両リーグ初となる快挙となった。

 今季は106試合に出場。10月15日の巨人戦で93年和田豊(阪神)が記録したセ・リーグ守備機会連続無失策記録(432)を27年ぶりに更新し、二塁手としてはプロ野球史上初となるシーズン無失策、守備率10割を達成した。

 「本当に苦しかったという風に思います」と大変さを口にしながらも、「打撃で迷惑を掛けていた。守備では絶対にやってやると毎試合気持ちを切り替えて、強い気持ちを持ってグラウンドに立った。それがこういう結果になって良かった」と喜びの声を上げた。

 鈴木誠は「大変光栄に思います。僕自身今年はこの賞を獲れるかなと不安に思っていたのですが、またこうやってこの賞をいただけたことに感謝しています」と喜びの声を口にした。

 今季118試合に出場。打率・300、25本、75打点の成績を残し、守備では守備率・991でリーグ4位をマーク。捕殺はリーグトップの8で失策は2だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス