文字サイズ

広島・永井敦士が3ラン フェニックスLで存在感「積極的に振っていこうと」

 「フェニックス・リーグ、広島8-0楽天」(18日、天福球場)

 広島の永井敦士外野手が、今リーグ自身1号となる3ランで存在感を示した。

 1点を奪って迎えた2回1死一、三塁だ。池田のスライダーを左翼席へ運んだ。

 「積極的に振っていこうと思っていた。その結果。良かったです」

 8月には左手有鉤骨を骨折し手術を受けた。試合に出られない日々を過ごし危機感がある。「肩の開きが早い。そういう課題を克服していけたら。離脱をして長かった。試合に出させてもらっているので、しっかりとやっていきたい」と力を込めた。

 また、直前には正随が左越えソロを放った。本塁打は今リーグ2本目。「とにかく、しっかりと振ろうと思った。今は配球を考えながら打席に立っています」

 今リーグでの結果と内容が、来春の1軍春季キャンプメンバー入りにつながる。大盛を筆頭に、若鯉外野手がアピールを続けている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス