文字サイズ

広島・佐々岡監督、今季ワースト8失点の野村に「残念な投球になってしまった」

8回の攻撃を終え、選手交代を告げる広島・佐々岡監督=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
6回、5連続で安打を打たれ途中降板する野村(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「阪神9-1広島」(8日、マツダスタジアム)

 広島の野村祐輔投手が5回0/3を11安打8失点で3敗目を喫した。8失点は今季ワースト。

 初回、北條に左越え2ランを浴びて先制点を献上。二回以降は立ち直って粘るものの、五回は2死から死球が絡んで1失点。六回はサンズ、ボーアに連続ソロを許し、さらに連打からピンチを招き、投手の西に右前適時打を打たれた。まさかの5連打で、その後、佐々岡監督が投手交代を告げた。

 野村は「初回に2失点し、立ち上がりをうまく入る事ができなかったのが反省点。何とか粘ってチームに流れを持って来たかったんですが五、六回と連続して失点してしまい、チームに申し訳ない」と話した。

 今季、西には何度も苦しめられてきた。佐々岡監督は、いきなり追いかける展開に「作戦を練ろうと思っても練られない」と話し、六回の失点については「もう一踏ん張りしてほしかった。ホームラン、ホームランのあとの連打。残念な投球になってしまった」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス