文字サイズ

広島が初回、3連打で先制 ピレラが適時打「いい先制点」

1回、先制適時打を放つ広島・ピレラ=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
1回、ピレラの先制適時打で生還しナインの出迎えを受ける広島・大盛=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島-中日」(16日、マツダスタジアム)

 広島が幸先良く先制した。

 初回、先頭の大盛が初球を左前に運んで好機を演出。続く菊池涼がフルカウントから左前打でつなぎ、スタートを切っていた一走・大盛は三塁を陥れて無死一、三塁とした。

 ここで3番・ピレラがフォークを左前にはじき返す先制適時打。3連打で中日先発・岡野から1点を奪った。ピレラは球団を通じ「ランナーが得点圏にいたのでまずは(三走の)大盛をかえそうと思い、打席に入りました。いい先制点になったね」とコメントした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス