文字サイズ

広島、大野雄の連続完投止めて連敗脱出 鈴木誠2試合連続18号3ラン 九里4勝目

 1回、3ランを放って生還し、(左から)ピレラ、菊池に祝福されて笑顔を見せる鈴木(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島6-3中日」(15日、マツダスタジアム)

 広島が初回に中日・大野雄へ先制パンチ。連敗を3で止めた。

 初回は先頭の大盛が遊撃への内野安打で出塁。続く菊池涼の中前打で一、三塁とし、3番・ピレラの右翼線二塁打で先制。なお二、三塁から4番・鈴木誠。カウント3-1から真ん中150キロ直球を強振。左中間席に飛び込む2試合連続となる18号3ランを放った。

 大野雄とは9月1日に対戦。2安打完封負けを喫していたが、この日は初回に無死からの4連打で4得点。大野雄を4回で降板させ、連続完投を「6」で止めた。

 八回は中日5番手の又吉から1死一、二塁の好機を作り、堂林の中越え2点二塁打で加点した。

 先発は1日に大野雄と投げ合った九里。初回は三者三振の完璧な立ち上がり。変化球主体の投球で的を絞らせず、6回87球を投げて被安打3、アルモンテのソロによる1失点で4勝目。2番手中田は高橋、京田にソロを浴びて1点差とされたが、ケムナ、塹江、フランスアとつないで逃げ切った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス