文字サイズ

広島遠藤が緊急降板 故障者続出のチームでまたアクシデント

 5回途中、アクシデントで降板する広島・遠藤(撮影・飯室逸平)
3枚

 「阪神-広島」(12日、甲子園球場)

 中5日で先発した広島の遠藤淳志投手が84球を投げ、五回途中5安打4四死球3失点で緊急降板した。

 初回に先頭の近本に左前打を許し、2番の梅野が犠打。糸原に死球で1死、一、二塁とした。サンズを中飛に抑えるも続く大山にカウント1-1から真ん中142キロ直球をはじき返され、バックスクリーン左に3ランを浴び、先制点を献上した。これで遠藤は登板3試合連続で初回に失点。課題の立ち上がりにまた捕まった。

 しかし、その後は伸びのある直球を軸に安定した投球を披露。尻上がりに調子を上げ、四回まで無失点に抑えた。

 だが、五回2死一、三塁の場面で何らかのアクシデントがあり、足を気にしながら一度ベンチへと下がった。治療を行い、右腕はまたグラウンドへと姿を現すも大事を取ってか佐々岡監督がここで交代を告げた。

 なお、2番手には中田廉投手が登板。大山を右飛に抑え、この回は無失点に切り抜けた。

 チームはエースの大瀬良や主軸の西川、会沢ら故障者が続出している。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス