文字サイズ

広島・大盛がプロ初の猛打賞に「がむしゃらにやった結果」サヨナラ機の凡退は反省

2回、右前打を放つ広島・大盛穂=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「広島10-10ヤクルト」(9日、マツダスタジアム)

 広島の大盛穂外野手(24)がプロ初の猛打賞で、1番でのスタメン起用に応えた。

 0-3の二回。1点を返し、なお2死一、二塁で山中の初球スライダーを右前に運び、満塁に好機を拡大。続く菊池涼の左翼線への打球に「ツーアウトでしたし、レフト線に抜けるのが見えた。絶対にいけるという確信を持って走りました」と一塁から一気に本塁に生還。逆転の一打とした。

 五回にも投手への内野安打、七回はマクガフから左前打。「スタメンで使ってもらってがむしゃらにやった結果、ボテボテでもヒットにつながった」と泥臭い全力プレーでベンチの期待に応えた。

 同点の九回は2死一、二塁と、一打サヨナラの場面で見逃し三振に凡退。「手が出ずというか、気持ち的に負けてしまった。見逃すことなくバットを出していける状態で臨めるように」と反省も忘れなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス