文字サイズ

広島ドラ1森下が新人一番乗りで完封 佐々岡監督も賛辞「言うことなし」

 「阪神0-6広島」(14日、京セラドーム大阪)

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が両リーグの新人一番乗りで完封勝利を飾った。相手のスタメン全員から三振を奪うなど、自己最多の12奪三振。「最後まで投げ切ることができたので、いい経験になりました」と右腕は振り返った。

 四回まで一人の走者も許さない完璧投球。五回2死から梅野に初安打を許したが、冷静だった。後続を封じ、六回から八回までは再び三者凡退のイニングを続けた。「前回打たれた反省から低めに集めようと思っていました」。ちょうど1週間前、7日の阪神戦では6回4失点(自責点3)。白星を挙げたが、打たれた点を今回に生かした。

 無四球の快投で、大瀬良と並びチームトップタイの4勝目。佐々岡監督は「無四球で2安打、言うことなし」と賛辞を惜しまなかった。これで森下は、阪神戦3戦3勝。“虎キラー”ぶりをたっぷり見せつけている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス