文字サイズ

広島 ピースナイターで代役4番と新戦力活躍 今季5度目2桁得点 ドラ1森下3勝目

5回、2点適時三塁打を放った羽月は二塁へ走る(撮影・田中太一)
2枚

 「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島が歴史を次世代に継承していくという思いを込めた「ピースナイター2020」で今季5度目の2桁得点で快勝した。4番鈴木誠を欠く打線は、代役で4番に入った松山が3ランを含む3安打4打点、初の1軍昇格の羽月がプロ初安打初打点など3打点と活躍。先発のドラ1森下は6回4失点で3勝目を挙げた。

 初回、無死一塁から羽月が送りバントを決め1死二塁。3番・堂林は三振に倒れたが、鈴木誠がスタメンから外れ今季初めて4番に入った松山が、中前へ先制の適時打を放った。続く坂倉が二塁打で続き、ピレラの遊撃適時打で加点した。

 三回には羽月のセーフティースクイズ(記録は安打)が決まり、松山の3号3ランで4点を奪った。

 2点差に詰め寄られた五回には羽月のプロ初長打となる右越え2点適時三塁打で突き放した。六回にも3連続四球で好機をもらい、代打長野が中前へ2点適時打。途中出場の大盛も適時打を放ち3点を加えた。

 先発の森下は序盤の大量リードにも守られ6回4失点で3勝目を挙げた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス