文字サイズ

広島のK・ジョンソン6回2失点で今季初勝利の権利も…降板後に同点に

中日打線を相手に力投する先発の広島・K・ジョンソン
2枚

 「広島-中日」(30日、マツダスタジアム)

 広島の先発投手K・ジョンソンが6回2失点と試合をつくり、今季初勝利の権利を手にして降板した。しかし、七回に同点に追い付かれたため、今季初勝利はお預けになった。

 広島で6季目となる今季、4戦3敗と未勝利だったK・ジョンソンは、一度、登録を抹消されてから、この日に登録されての先発マウンドだった。

 三回に福田の適時打で先制点を献上。打線が同点としてくれた後の四回にも木下拓に適時打を許したが、直後に堂林が逆転7号3ランを放った。六回の攻撃が終わった後に投手交代がコールされ、菊池保が登板した。

 七回、ビシエドに2死満塁から同点2点タイムリーを許して、同点に。K・ジョンソンの今季初勝利はお預けとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス