文字サイズ

広島、課題の中継ぎ陣が投壊で大敗 反撃ムードしぼみ…佐々岡監督も厳しい表情

 7回、追加点を許しさえない表情の今村(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島3-9阪神」(4日、マツダスタジアム)

 広島が阪神に大敗し、今季初の借金1となった。課題の救援陣がまたしても試合を壊してしまった。

 0-5で迎えた六回。連打で無死二、三塁とすると、4番の鈴木誠が右中間を破る二塁打で2点を返した。2死となったものの、メヒアが左前へ適時打を放ち、2点差にまで詰め寄った。

 本拠地開幕戦。一気に反撃ムードが高まったが、しかし、直後の七回、マウンドに上がった4番手の今村がしぼませてしまう。3本の安打を許して2点を失うと、今季初登板の中村恭も八回に1点を献上。さらに九回にマウンドに上がった中崎も大山に1号ソロを被弾した。

 追い上げムードの中で失点を重ねる投手陣に、佐々岡監督も「先発が打たれても、中(中継ぎ陣)がリズムを作れれば、また違っただろうし」と厳しい表情。これで今季初の3連敗。流れを変える白星がほしいところだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス